[36回無金利キャンペーン]
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像1
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像2
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像3
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像4
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像5
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像6
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像7
  • Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ サブ画像8
USED

商品コード:3kt20201009

Lo Prinzi

3K-T Tenor 2019

"NAMM Show 2019"出展モデルのUSED品。アバロンの装飾が美しいハワイアンコアボディのテナーウクレレ。ピックアップ付きの万能モデル。


この商品は現在品切れ中です。

※納期は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

送料160 ランク

在庫状況 (アコースティックイン)

数量
+
-
カートに登録中です
Lo Prinzi 3K-T Tenor ロプリンジ

Lo Prinzi

3K-T Tenor 2019



ロプリンジはアメリカ・フロリダ州にて、弦楽器職人”アーガスティノ・ロプリンジ”氏により生み出されるウクレレ。ロプリンジ氏は、マーティンやフェンダー等の弦楽器のデザインやコンサルティングを努め、多くの弦楽器職人を輩出。オオタサンの愛器の内の1本としても有名です。現在は娘のドナ・ロプリンジが主に製作をされております。本器は世界最大規模の楽器の祭典”NAMM Show”2019にて出展されていた、いわゆるショーモデル。ハワイアンコアボディ、マホガニーネック、エボニー指板&ブリッジ、アバロンボディトリム、アバロンロゼッタ、ホワイトバインディング、ゴトー製UPTペグ搭載。特にトップ材に使用されているハワイアンコアにはフィギャードが見られ、アバロンの装飾、光沢の美しいグロスのフィニッシュと相まって、とても上品な印象です。ネックグリップも薄めで握り易く、重量も軽いため女性の方にもオススメです。ボディの鳴りをしっかりと感じることができる大きな響きを持っており、軽やかさとマイルドさが絶妙な心地良いサウンド。アンダーサドルピエゾとマイクをブレンドできるDouble製ピックアップを後付けにて内蔵しており、ライン出力時にもリアルなサウンドを奏でます。ペグのナット部周辺に僅かな塗装のダメージが見られますが、その他特に目立った外傷は無く、プレイコンディション含め大変優れた状態です。スクエア型のセミハードケース付属。

Condition:EX++
Top:Solid Figured Hawaiian Koa
Side:Solid Hawaiian Koa
Back:Solid Hawaiian Koa
Neck:Mahogany
Fingerboard:Ebony
Bridge:Ebony
Machine Head:Gotoh UPT
Fingerboard Inlay:Dots
Rosette:Abalone
Binding:Abalone & White
Pick Guard:none
Pick up:Double A2U
Nut width:36mm
Scale:432mm
Case:Semi Hard Case

SHOP

この商品の取り扱い店舗:アコースティックイン

所在地
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-2 Crice Nikko 西心斎橋 2F
Google MAPはこちら
営業時間
12:00~20:00
店舗休業日
毎週火曜日 
TEL
06-6211-2230
FAX
06-6211-2240