• MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像1
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像2
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像3
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像4
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像5
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像6
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像7
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像8
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像9
  • MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン サブ画像10
VINTAGE

商品コード:20140805ooo2139

MARTIN

OOO-21 Jacaranda 1939

鉄弦黎明期からラインナップされていた由緒正しい機種000-21。000-28を探されている方も是非ご検討下さい。


この商品は現在品切れ中です。

※納期は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

OOO21のプリウォー品。1939年製です。濃密な木目のアディロンダックスプルーストップ、綺麗な淡色柾目ハカランダサイド/バック、マホガニーネック、エボニー指板/ブリッジ、ロングサドル、オリジナルグローバーペグ、オリジナルピックガード、スクエアダイアモンド指板ポジション、ヘリンボーンロゼッタ/バックストライプ、ベッコウセルバインディング、スチールTバーロッド、スキャロップブレイシング。ワイドネックから現在主流の42.9ミリ幅ネックに仕様変更して間もない頃の一台です。まとわりつく倍音が省かれたプレーンな音色で、風情があります。混じり気がなく引き締まっていて、21ギターらしくブライトで分離の良い出音です。ドレッドノートに比べればより繊細ですが、強いタッチでも潰れずに芯の通った音で鳴ってくれます。プレイコンディションも良好。低めの弦高と充分なサドル高の弾けるビンテージです。ブリッジの継ぎ足しや裏板向かって左下部のわずかな埋木修正、塗装吹き直しなどがありますが、いずれも違和感のない程度で、七十歳のギターだと考えればとても良い状態です。マーチン社の鉄弦黎明期からラインナップされていた由緒正しい機種で、マイク・ロングワースの記録にはこの年わずか75本しか生産されなかったとあります。同時期の000-28をお探しだった方にも是非触れてみていただきたい一台です。近年の汎用黒ハードケース付、補修歴など、お気になる点はお問い合わせ下さい。


Condition:EX+
Top:Solid Adirondack Spruce
Side:Solid Jacaranda
Back:Solid Jacaranda
Neck:Mahogany
Fingerboard:Ebony
Bridge:Ebony
Machine Head:Grover/Nickel
Fingerboard Inlay:Slotted Diamonds
Rosette:Herringbone
Binding:Tortoise Color
Pick Guard:Tortoise Color
Pick up:none
Nut width:42.9mm
Scale:635.2mm
Case:Hard Case

送料180 ランク

在庫状況 (梅田店)

数量
+
-
カートに登録中です
MARTIN OOO-21 Jacaranda マーチン

MARTIN

OOO-21 Jacaranda 1939



SHOP

この商品の取り扱い店舗:梅田店

所在地
〒530-0017 大阪市北区角田町1-15
Google MAPはこちら
営業時間
12:00~20:00
店舗休業日
毎週水曜日
TEL
06-6361-2211
FAX
06-6361-5721